酵素風呂健康法.com » ブロック注射と足

ブロック注射と足

ペインクリニックで行われる神経ブロック注射、これは神経や神経の近くに直接薬剤を注入する注射のことです、神経ブロックはたくさんの種類があり、その中でも上半身は「星状神経節ブロック」、下半身に対応するのが「腰部硬膜外神経ブロック」と呼びます。

腰痛や足に痛みがあるような場合もこのブロックへの注射を行うことで痛みが改善します、腰部硬膜外神経ブロックは文字通り腰のあたりにあります。

足の痛みでも腰に注射するのは意外かもしれませんが、神経がそこに集中しているのです、腰部硬膜外神経へのブロック注射はペインクリニックではおそらく一番多い治療ではないでしょうか。

神経への薬剤投入により、痛みの伝達を麻痺させます、それによって痛みを感じなくするというのが目的ですが、それだけではなく、幹部への薬剤投入により血流を良くしたり筋肉を柔らかくする効果も得られます。

そのために、薬の効果が切れた後もその人の自然治癒力を高めることに繋がっていますので、継続して効果が見られるのです。

神経注射と聞くととても痛そうですが、さほどではありません、もちろんお医者さんの腕も関係すると思いますが、ペインクリニックとは麻酔のプロフェッショナルが行うわけですので、それほど心配することはありません、1日に何人、何十人にブロック注射しているわけです。

また、ブロック注射は副作用がほとんどないことが利点と言えます、薬剤での治療ですとどうしても内臓器官への影響が少なからずあります。

神経ブロック注射はその点幹部へ直接注射するわけですので、内臓器官への影響はほぼありません、当然リスクが0ということは病気の治療ではありえませんので、ブロック注射にしてもなんらかの副作用は考えられますが、専門医の治療であればその確率は非常に低いものです。

もちろん注射する前には病歴、今飲んでいる薬、生活習慣やアレルギー等様々検査してから実施するかどうかを決めることになりますので、やはり安全性は高いものです。