酵素風呂健康法.com » すべり症の痛みは何が原因?

すべり症の痛みは何が原因?

首や腰など様々な場所に発生するすべり症は鈍い痛みを永続的に与え続ける大変辛い病気です。この痛みは単純なマッサージなどでは和らげる事は出来ず、専門的な治療をしないといけません。

ではこのような症状はいったいどうして発生してしまうのでしょうか。この病気は主に変性すべり症と分離すべり症に分けることが出来ます。

変性の場合には椎骨の間と間にある椎間板が椎骨に掛かる負荷に耐えられなくなり大きく歪んでしまうことによって椎骨がずれ込んでしまう病気で、分離すべり症は椎骨を支えている椎間関節が折れることによって椎骨がずれ込んでしまう病気です。

それぞれ理由は違っても椎骨が前方にずれ込んでしまうことで周囲の神経を押しつぶすことによって独特の症状を発生させるという点では同じです。

さらにそのことによって周辺の筋肉が緊張状態に陥り血行が著しく阻害され、それが更なる腰痛や首痛を引き起こしてしまったりと身体に悪影響を与え続けることになるうえ、ずれ込んだ骨によって脊柱管狭窄症という別の病気を引き起こしたりと新たな病気の原因にもなります。

この病気によって引き起こされる症状は大変辛いものですが、それでもただの腰痛だと自分で結論付けて治療を遅れさせることが珍しくありません。

発見が遅れて脊柱管狭窄症になってしまうとさらに症状は重くなり、治療もしにくくなってくるので健康な身体のままで過ごすためにも何か身体に違和感が出た時はすぐに病院に行って診てもらうようにしましょう。