酵素風呂健康法.com » 檜の効果

檜の効果

酵素風呂に使われる檜は昔から日本人には馴染みの深い木の一つです。建築材料に使われるのはもちろんの事ですが、その香りの良さから日本人に好まれリラクゼーションなどに使うグッズなどにも利用されています。

大変、古くから建材として用いられていて、古事記の中の神話にも登場しますし、発掘された遺跡で弥生時代の神殿跡にも使われています。檜の木は木の中でも強い木として知られています。耐久性が他の木に比べて大変長いと言われています。

世界最古の木造建築物群として有名な法隆寺にもこの木が主に使われています。法隆寺が建てられたのが8世紀始めとされていますから、建てられてから1200年も経っていることになります。

今もなお耐久制の高さのおかげでその姿を現代に残しているというのは耐久性の高さの証です。耐久性のある檜ですが実は重さは軽いのです。軽くて耐久性があるのに扱いやすいので今も昔も住宅の建築材として用いられているのです。

またその木目も美しいので建築材だけではなく家具などにも用いられたくさん作られています。また特有のあの香りですがヒノキチオールという成分が含まれています。森林浴を行うのは健康に良い事です。

その森林浴の時にもヒノキオールの香り成分は含まれています。ヒノキチオールには自律神経を安定させる働きがあります。深呼吸した時に感じるあの爽快感やゆったりとリラックス出来るのもヒノキオールの効果なのです。

また、檜は防カビや殺菌効果にも優れています。ですから風雨があたる部分だけには他の木材ではなく檜を建材として使ってきたという歴史もあります。通常、木材は長い間水分を含んだままでいると、その部分から腐ってきてしまいます。

しかし防カビや殺菌作用に優れたヒノキを使うと長い間、風雨にさらされても腐ったりしません。この防カビ、殺菌作用の例を出すとエノキ栽培をする時に菌床として檜のオガクズを入れます。するとエノキの菌を植えてもエノキは生えてこなくなります。

キノコ類は湿度や温度の高い環境で育ちます。温度が高くて湿度があるということは他の菌も育ちやすい環境です。その中でもその殺菌効果ははっきりと表れるのです。

この作用を利用して昔から風呂桶や風呂の椅子などを作る材料としても使われています。風呂場も温度が高く湿度のある場所ですから、カビなどが生えやすい環境にあり、他の木だと腐ってしまう事もあります。

その点、檜はとても優れているので利用されるのです。カビを防いだり嫌な匂いを防いだり、殺菌作用などが認められて、現在では檜を使った様々な製品が作られているのも納得できます。

古くから日本で親しまれてきた檜は自然のものですから環境にも優しいので、小さなお子さんがいる家庭でも用いられています。