酵素風呂健康法.com » 脊柱管狭窄症の術後予防

脊柱管狭窄症の術後予防

脊柱管狭窄症の術後が一番注意しないといけないところです。だから、しっかりと術後を考えてください。脊柱管狭窄症を仮に治療しても、再発率がかなり高いので注意しておかないといけません。

特に手術の再発率はかなり高く、油断しているとすぐに脊柱管狭窄症を再発して再度治療を受けないといけないといけない状態になります。だから、術後はしっかりと運動や生活の改善をしないといけません。

特に、生活の改善は重要になっています。脊柱管狭窄症の原因がそもそも私生活の乱れなどで起きていることがかなり多いでしょう。故に、その生活を直さないとまた脊柱管狭窄症になることになります。

また、脊柱管狭窄症以外の症状を出すことがあるので、それにも注意していないといけません。と言っても、しっかりと私生活を改善できれば、問題ないでしょうがね。

私生活と言えば、仕事関係も中に入ります。長時間同じ体勢をとっていることで、この病気を発症してしまうことがあるので、少しでも動いたり、姿勢を変えたりして対処してください。

また、術後は激しい仕事はしないようにしてくださいね。特に重たいものを運ぶ仕事などは、危険なので注意しましょう。ともかく、脊柱管狭窄症の原因となっていることは、極力改善や工夫しておくことをしてください。

手術が終わった後、運動する時はあまり激しくないようにしてください。無理をすると再発するどころか、変な症状を起こすことがあるので、注意してくださいね。

ちなみに、運動している間に体が動かなくなると大変なので、出来るだけ誰かに付いてもらいましょう。または、最低限自分がどこに行くかを誰かに伝えてくださいね。

このように、脊柱管狭窄症の術後には注意してください。下手をすると更に重たい病気になることもあるので、注意しましょう。また、再発の傾向がある場合は、しっかりと医師と相談して対処しましょうね。