酵素風呂健康法.com » 脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症は、腰痛の中でも椎間板ヘルニアと並ぶ位多い腰痛の症状です。脊柱管狭窄症とは腰痛のない人にとってみたら、余りなじみのない言葉ですが、数年前、タレントの"みのもんたさん"のかかった病気として有名になりました。

"みのもんたさん"は脊椎脊髄外科の名医に執刀してもらったので完治できましたが、必ずしも皆が皆完治できるとは限りません。

もし完治したとしても、それまでに沢山の時間と労力がかかり、又人それぞれ合っている治療法が違うので、自分に合った治療法を探すのも時間がかかります。

治療法は自己責任がかかってくるために、細心の注意を払いきちんとした選択をしなくてはいけません。

脊柱管狭窄症の手術の基準としては、間欠性跛行と呼ばれる歩けなくなる症状が出て、100メートル以上、休まなければ歩けなくなるような症状になると手術を薦められるそうです。

しかし、手術をしたからといって、全開するかといったらそうではありません。実に手術をした、90%以上の方が痛みを再発している事実があります。

医師も治らなかった場合を考え、手術前に必ず、患者さんに一筆書かせ、同意を求めた上で手術をするそうです。

脊柱管狭窄症はそれだけ治りにく症状といえます。やはり、医者に全てを任せるのではなく自分の意見をちゃんと述べて、相談しながら治療を進めていくことが必要になってきます。