酵素風呂健康法.com » メリット・デメリット

メリット・デメリット

「リフォーム」のメリットでいえば、新築の50%から90%の価格で都心にも住めるということ。

日本の不動産や土地価格は景気に左右されますので、建物価格では築年数によって違ってくるということがあります。

駅からの距離ということでも規模がほぼ同じ建物では、築年数の違いで、物件価格が数百万円から数千万円は「差」がついてくるということがあるのです。

都心では、立地のよいマンションなどを新築相場に比べてはるかに安く購入して、「リフォーム」をすることで
理想の間取りやインテリアの住まいを手に入れるということが出来るのです。

もし、リフォームをして理想のお住まいをお考えなのであれば、「リフォーム費用を匿名無料で比較検討できる~リフォーム費用見積比較ナビ~全国対応~」を利用することをお薦め致します。

そして、「リフォーム」をすることで、住まいも洋服を選ぶように自分でコーディネートすることが出来るということなんですね。

「シャンデリア」、「キッチンの水周り」、「リビングのデザイン」、など数えればきりがありません。

そして、内装下地や設備配管などの老朽化などもすべて一新できるということです。

また、既存の建物を壊すことがなく有効利用するエコロジーという点や、デザインなどを「ワガママ」に叶える、都心に住むことが出来るなど、リフォームのメリットがあるというものです。

そしてライフステージということでは、「結婚」「転勤」「出産」などの変化に対応して住み替えが出来るということですね。

そしてリフォームのデメリットということを考えるとき、築年数の経ったマンション、一戸建てには耐震性が現在の法律の基準を満たしていないものがあるということなんですね。

それで、スケルトン(骨ぐみ)の性能や耐久性を重視する場合には、新築マンションなどのリフォームがお勧めだということですよ。

リフォームの平均坪単価で平均35万~45万円/坪といいますのでびっくりするほどは安くはないということですが、
ほかに費用が安く済むリフォームなどもあるということですよ。

また、住む人の個性に合った間取りを既存のスケルトンに当てはめるという作業があるということですね。

現状を受け入れてそれを楽しむココロの余裕が求められてきます。また工事には騒音がつきものですが、マンションの場合には「管理規約」に基づいた工事が行われるということです。

トラブルを避けるためのリフォーム費用なども発生してくるということですね。