酵素風呂健康法.com » 青パパイヤについて

青パパイヤについて

最近、テレビや雑誌などにも取り上げられている酵素ですが、この成分を多く含む食材で青パパイヤがあります。本州ではあまり聞きなれない名前の食材ですが沖縄では馴染みが深く一般的に食べられている食材です。

古くから沖縄では体に良い食べ物として食べられてきました。皆さんもご存じの通り沖縄は長寿の島として知られていますが、昔からこの青パパイヤを一般的な食事の中でを食べてきたという事も健康や長寿に繋がっているのかも知れません。

青パパイヤは実がまだ熟す前のパパイヤの事を指します。その実にはパパインとリパーゼという成分が含れてます。

このパパインとリパーゼという成分は実が熟す時に使われてしまいます。その為、熟した実ではなく、熟す前の実の時にしかこの二つの成分は含まれていないのです。パパインという成分はたんぱく質を分解する働きがあるので脂肪を分解する力も強いのです。

豚肉を炒めて調理をする時にこの熟す前の青パパイヤを一緒に炒めると肉が柔らかくなります。その実のカロリーはバナナの半分程度しかありません。ローカロリーな食材です。

それから、アミノ酸を効果的に吸収してくれる働きも持っています。その効果が認められているので医療現場では肥満治療の材料としても使われているほどです。 またリパーゼという成分は脂質の分解を促進する働きがあります。沖縄は豚肉を多く摂取するということで有名です。

豚肉ばかりを多く食べるという食生活は栄養バランス的にも健康とはいえません。しかし沖縄では日常的に青パパイヤを食べていたお陰で長寿の島になったのかもれませんね。食事をするときに私達の体は胃から消化酵素を分泌します。

青パパイヤの実に含まれているパパインとリパーゼという成分の働きにより消化酵素の分泌を抑えられます。その分、代謝する作用が活発に働くので肉をたくさん食べても余分な脂肪を体に付きにくくしてくれるのです。

この効果に注目が集まりダイエットにも青パパイヤを利用したダイエットが広まったのでしょう。沖縄以外ではあまり聞いた事がないこの食材ですが、手に入れる為にはどうしたらよいのでしょうか。首都圏のスーパーなどで売っている所はまだ少ないようです。

インターネットを利用すると沖縄野菜の専門店などを通販で購入できるので青パパイヤを使って料理をしてみたいという人は調べて購入してみましょう。この食材には、ポリフェノール、マグネシウム、カルシウム、ビタミンなどたくさんの栄養素も豊富に含まれています。

メディカルフルーツとも呼ばれているそうです。食事に取り入れると良い効果が期待できそうですね。