酵素風呂健康法.com » 接骨院と柔道整復術

接骨院と柔道整復術

接骨院での施術の要、無くてはならない技術が柔道整復術です。また柔道といえばお気づきの方は多いと思いますが、日本古来の武術です。

オリンピックでも一際メダル獲得で盛り上がる種目です。この柔道、柔術には、格闘するための殺法、また傷ついた身体を治療するための活法があります。

また殺法は柔道へ継承され、活法は治療法として接骨で使用されることになり、発展しています。

この技術は江戸時代に体系を作られ、その後明治維新の後になってからは接骨禁止令というものが発行されました。つまり柔道整復はこの時点で存続も危うい状況になっています。

その後柔道家を中心として存続のための運動などが活発化し、大正時代には内務省によって規制が撤廃され、正式復活を遂げています。

しかし、戦後GHQによって武道が認められなくなると、西洋医学を伴わない医療の禁止にいたります。つまりこの時点でも危機に陥ります。しかし再度昭和45年になると柔道整復法が成立しました。

保険適用を受けるこの施術法には今も問題はあります。もっとも大きいといえるのが、接骨院での治療費が日本の医療費の財政を過度に圧迫しているのではないか、ということです。

しかし保健医療を使ってメニューを作り患者を呼び込むようなところもあれば、地道に治療を施す接骨院もあります。

柔道整復師は現在ではかなりの数に登り、また特に都市部に多くの接骨院があります。これはやはり需要が多いことの証拠でもあります。

もちろん柔道をして怪我をする人が多いのではなく、日常生活のあらゆる場面で現代的な異常を抱える方が多いからです。

柔道整復術はこのようにとてもメリハリの強い背景を持っています。WHOでも取り上げられるようになり、現代的な生活様式から考えて、今後も需要は増えてくると考えることができます。

法制度の整備も必要になると思いますが、より施術を受けやすいインフラの整備が課題であると言われています。