酵素風呂健康法.com » 鍼灸院の保険の利用の仕方

鍼灸院の保険の利用の仕方

鍼灸院を利用している方は、現在ではどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

今まで一度も経験をしたことが無い方は中々手が出ないかもしれませんが、一度治療を受けてみてリピーターになる方は結構いらっしゃいます。受けてみるとすごく気持ちいいのですよね。

ところで、鍼灸院で治療を受けるに当たって健康保険が適用されるということはご存知でしょうか。正確に表現をすると適用される可能性があるとした方が良いでしょうか。

実は治療する病気によって適用されるものがあります。ただし、鍼灸院では病気の診断というものは業務範囲を超えているので、予め医師による診断が必要となります。さて、鍼灸院にて適用される病気ですが、代表的な物で6つ程挙げられます。

まずはリウマチで急性と慢性、特に各所の関節が腫れて痛みを伴うもの。腰痛で慢性化してしまったものやぎっくり腰。坐骨神経痛などが代表的ですが、神経痛。

五十肩で肩の関節に激しい痛みが生じ、腕が上がらないもの。頚腕症候群といって、頚から肩、そして腕にかけてしびれの症状があり、痛みを伴うもの。そして頚の外傷やむちうち症といった頚椎ねん挫後遺症です。

また、これらに類似する疾患についても、適用の対象となることがあります。ただし、注意が必要なのは医師による病気の診断は必要ですが、鍼灸院では、同一の病気に対して同時に医師による治療を受けて適用するといったことは認められていません。

すなわち、通院をしつつ鍼灸院に行くのはNGということです。健康保険を受けるにしても、保険証を持って鍼灸院に行くだけではありません。予め鍼灸院で同意書というものを受け取り、その同意書を医師により記入をして貰う必要があります。

こうして必要事項が記入された同意書、保険証に加え印鑑を用意することで、あとの手続きに関しては鍼灸院で行い、適用を受けることが出来ます。せっかく適用することが出来るケースの病気であれば、当然受けた方が良いですよね。