酵素風呂健康法.com » 喫煙について

喫煙について

タバコを吸われる方は、吸わない方に比べて、ガンや肺気腫、EDなどにかかりやすいと言われています。

今ではタバコのパッケージにもこのようなことが大きく書かれていますし、健康増進法が施行されて以来、公共の場所はほとんどが禁煙となり、路上で喫煙をするとその場で罰金を徴収されるというケースも少なくありません。つまり喫煙はそれだけ理不尽なものになっています。

しかし、このような状態でもタバコはやめられない、という方は多くいらっしゃいます。体への悪影響や、社会通念としての立場、経済的な負担などを考えて、止めたくても、止められないのです。

これはニコチン依存症と呼ばれるもので、依存性が極めて高いものです。脳内は快感を得たり、達成感を感じ、数本吸ってしまったあとで血液中のニコチン濃度が下がってくると、どうしても吸いたくなってしまうのです。

タバコを止める方法はどのようなものがあるかと言えば、まず、自分で止めることができるかどうかを考えることが大切です。もしもニコチンへの依存度がそれほど高くないのであれば、簡単な禁煙グッズを利用してみるのがお勧めです。

タバコと同じような薄荷のパイプや、電子タバコなどを用いる方は多くいらっしゃいます。これらを使用すれば、徐々に本数を減らすことができ、うまくいけば吸うことを忘れてしまうことも可能です。

その他には、薬局へ相談する方法があります。ニコチンへの依存度が高い方は寝起きからすぐにタバコに手が出ます。この場合はニコチンパッチが適しています。

どのような種類がいいかは薬剤師さんによく相談すれば最適なものを選択することができます。ニコチンパッチでもだめだったという場合は、医療機関で相談する方法があります。

病気の兆候があって禁煙が必須の治療メニューである場合は、禁煙外来がお勧めです。今は様々な禁煙治療薬が開発され、日本にもたくさん輸入されています。

禁煙は一度失敗したからといって、他にも色々な方法がありますので、少なくとも数回はトライすべきです。