酵素風呂健康法.com » 頚椎ヘルニアと治療の流れ

頚椎ヘルニアと治療の流れ

病院で問診と身体所見、そして画像検査などが行われ、その結果頚椎ヘルニアだと確定診断をもらったら、そのまま治療を開始することになります。

では頚椎ヘルニアの治療とはどのような流れになるのでしょうか?まず、頚椎ヘルニアの治療は、腰椎のヘルニアと同様に保存療法と手術療法の2つに大別することが可能です。

また、頚椎とは脊椎の中でもとくに多い神経のエリアであり、手術の安全性は決して高くはありません。このことから、病院では保存療法をまず前向きに考えて開始するのが常です。

手術についてはどのような疾患でも保存療法で少しでも改善する余地があれば、やはりはじめは回避しながら改善を目指すものです。

つまり、保存療法を第一に行って、その結果として効果が現れない、また症状が悪化してしまう、または患者の側からもっと早急に根本的に治したい、という要望があった場合は、手術をする、と考えて問題ありません。

保存療法とは、いわば患部に手をつけないで改善を目指す方法です。この中には対症療法も含まれています。痛みやしびれを緩和する療法としては、薬物療法が代表的です。

またこのような対症療法は、保存療法としても有効です。薬物で痛みを緩和すれば、その分患部がリラックスしますので、自然治癒の力を利用することができるようになるのです。

薬物の他には装具療法、牽引や温熱療法、神経ブロック療法などがあります。いずれも身体への負担が少ない方法です。

正し薬物療法には胃腸などへの副作用がかなり心配されるというケースもありますので、その場合は他の方法を代用することになります。

保存療法の流れは確定的ではなく、様々な方法の中からその時々に最適な方法を見つけ出しながら治療をしていきます。方針も症状の変化に併せて変わりますし、いくつかの方法を併用する場合も多くあります。

しかしながら初期の段階では炎症が強く出ていますので、まずは安静を取ることが大切になってきます。