酵素風呂健康法.com » ストレッチと床

ストレッチと床

ストレッチの方法にも様々ですが、実際におこなう時の状況として、そのスペースにも様々です。布団の上でリラックスして行う方法もあれば、椅子や机を利用した方法、体操用のマットを利用した方法もあります。

その中で、より基本的なのが、何もない状態で行う方法、つまり床などで行うストレッチ法です。自宅にソファーが無いという方、つまりテレビを見るにも座布団一枚だけ、という場合、テレビを見ながらストレッチすることができます。

テレビを見ている間に気持ちがたるんできて、緊張感がなくなってきます。そこでおやつを食べたい、と思って食べても、内臓が活発になる程度で、ほとんど筋肉にはよい効果が得られません。

そんな時に、実践してみると時間を有効に使うことができます。またフローリングでは少々硬くて難がありますので専用のマットなどが便利です。

薄くて吸着性も高く、ぶれないためにイライラとすることがありませんし、ちょうどよいサイズのものをチョイスすればストレッチのやり方を変化させる心配もなく、効果も上がってきます。

床ストレッチの代表的なものが、仰向けに寝て太股を抱え込む方法です。片足ずつ曲げながら胸まで引き寄せ、静止した状態で息を吐きます。

次に戻したら、息をゆっくりと吸い込みます。これだけで太股の裏側、腰の筋肉が柔軟になり、日常生活にもメリハリが出てきます。

またバランスボールなどを用いるのもよい方法です。バランスボールを床に置いて、ただ座るだけで効果があります。ゴム製で、気持ちよく座りながら、バランス感覚を養うこともできます。

背筋を伸ばすだけでも効果があります、時間を見つけて実行するのがポイントです。入浴後や寝る前に実行すると、リラックス効果があります。

パソコンの作業を長時間した後も、背筋を伸ばして深呼吸することは大切です。案外単純すぎる方法かもしれませんが、他の方法が見つかれば徐々に展開していくとますます改善効果がアップします。